”PUBG論”、または”努力と才能と流行論”

PUBGというゲームが流行っている。尋常じゃないくらい流行ってるらしい。

 

PUBGとは、サバイバルTPSゲームだ。100人のプレイヤーが一つの島で生き残りをかけて殺し合い、最後の1人(またはチーム)になれば、ドン勝(優勝みたいなもんだ)する。

 

なぜこのゲームがこんなにも流行るのか。それはPUBGが従来のFPS/TPSゲームと比べて、圧倒的に運ゲーだからだ。

 

従来のゲームは、実力差がはっきりと出る、eSportsに属するゲームだった。俺は、格闘ゲームや、FPS/TPSが、ある一定ライン以上には流行らずに頭打ちする原因は、この実力差がはっきりと出る点にあると思う。アメリカではFPS/TPSが流行るという言説についても、PUBGが従来のゲームをぶっちぎったことで否定された。アメリカでは銃が身近な存在だから、身近なスポーツとしてFPS/TPSが受け入れられていただけだ。アメフト、野球、FPSゲームというふうにね。

 

そう、格闘ゲームFPS/TPSは、努力や才能(反射神経etc)による実力差がはっきりと出るという点において、野球やサッカーといったスポーツや、将棋や囲碁といった知能ゲームにかなり近い。

 

これらとは逆に、運ゲーに振ったことで大衆の人気を獲得したのがPUBGだ。PUBGの在り方は、昨今のDTCGや、麻雀に近い。トップ運やツモ運一つで、その道に心血を注いできた、プロと呼ばれる人に素人でも勝てるかもしれない。この点で皆が夢を見ることができるから、PUBGは従来のFPSよりも圧倒的に流行ったのだ。

 

PUBG、DTCG、麻雀は運ゲーである、しかしそれは蔑む意味ではなく、その運ゲー要素によって圧倒的多数のプレイヤー人口を得て他に勝ってるのだから、生存競争的にみれば運ゲーだから”強い”。

 

みんな努力とか才能とかに縛られずに勝ちたいのだ。それらから目を背けると、運ゲーこそが平等だと思う人が多いのだ。

 

その道に人生を賭けて心血を注ぎ、何十何百倍もの努力と才能によって高みにいる、たとえばイチローが、運次第でリトルリーグの野球少年に野球で負けるなんてことがあったら、これほど理不尽で不平等なことはないと思うのだが、PUBGや麻雀ではそれに近いことが起こり得る。だから運ゲーだし、みんながハマるんだ。

”『FFタクティクス』松野泰己✕『FFXIV』吉田直樹対談”へのツッコミ *追記*

news.denfaminicogamer.jp

 

ちょっと我慢できないので書いとく。

 

この記事で、さもUOをやりこんでたかのよう述べているが、ツッコミを入れよう。

 

他人の家に入ると犯罪者扱いされるので、その呼びかけに引っかかると“犯罪者フラグ”が立つんですよね(笑)。報復としてのPKはお咎めナシなので、それを利用した合法PKですね。

 

俺の記憶では家に入るだけで犯罪フラグは立たなかった。家とは、鍵を盗まれたら終わりのオープンハウスだった。後にI ban theeや鍵変更の機能が追加されるまでは。

 

追記。本人からコメントがあったので話し合ったらカルマシステムの勘違いだと判明しました。というわけで記事が修正されるかもしれないそうです。

 

この家PKに関する発言はもとから勘違いっぽいところもあって、そもそもフラグPKとかの手法ってのは、やられたやつに完全に理解されるようでは使い物にならないから、殺された側は曖昧なのは当然で、あまり違和感はなかった。

 

ただし、以下の発言。これらはダメ。

ええ。その平和なトランメル側が混んでくると、「俺たちもずいぶん強くなったから、PKがいると噂のフェルッカ側のダンジョンに行って荒稼ぎでもするか……」なんて言い始める人が出る。
 しかもそういう人たちに限って、銀の鎧にマントを羽織って、ダンジョンの中でもなぜか馬に乗っているという。きっとPvEにはとても自信があるのだと思います。ガンダルフ【※】然とした魔法使いもいる。

 ①当時、歩行者と馬だと馬の方が足早いし、ダンジョンの中でも馬に皆乗っていた。海外鯖の頃は、馬に乗ったほうが足が遅くなる不具合があり、”ダンジョンに関係なく"徒歩が推奨された時代もあったと聞いたことがあるが、トランメルとフェルッカに別れたころは確実に皆ダンジョンでも馬に乗っていた。明らかにおかしい。UOはダンジョンでも馬に乗るゲームだった。絶対に。

f:id:kuuhaku2:20180522175040j:plain

(画像はgoogle検索から適当に引用)

UOに銀の鎧なんて無い。Magic武器で銀武器はあったが、銀の鎧はなかった。


フェルッカとトランメルが別れた頃にPvEなんてねえ。強いモンスターはEVでハメるかドラゴンけしかけるくらい。敵の強いやつ(バロンとかAncientWyrm)はハメないと殺せない強さで、せいぜいシルバー武器でLich殴るくらいか。PvEという概念が出来てきたのは、このだいぶ後、EQとかが出て、装備に保険とかつけられて、レア装備とか増えた時代。この時代にPvEに自信なんてない。


ガンダルフ的装備ってローブにウィザードハットのことか?それTankMageの基本装備で全員その格好だったけどな。

 

 

なぜ、UOをやりこんでましたというあきらかにバレる嘘をつくのか。

 

UOを本当にやりこんでた人が見たらひと目でわかる嘘を。

 

UOをやりこんでいたものとしてツッコミが我慢できなかった。

課金ゲームの面白さ論

f:id:kuuhaku2:20180516180510j:plain

まず先に結論がある。この画像だ。

 

横軸と縦軸の値はゲームによって変わってくるが、課金ゲームというのは、全てこのグラフによって表されると思うし、全てにおいてこの図が成立すると俺は思う。

 

何故だろうか。これはゲームそのものだけでは語ることはできなくて、「ゲーム」と「お金を使うというゲーム」との複合ゲームだからだと思う。お金を使うこともゲームなのだ。

 

 

日本でトップレベルにお金を使ってる人は、お金をバリバリ使うと自分のレベルが上って、もっと稼げるようになるからもっとバリバリ使えと言っている。

 

まぁ間違っちゃいない。ただ、上手く使わないと、お金をきちんと使うというのは難しい。上手く使って成功体験になればその通りなのだが、使った後、納得感がないと、それは失敗体験になってしまう。

 

資本主義社会に生きている以上、お金の使い方には納得感があるかどうかの基準が各自にある。前述の記事は、そのタガをぶっ壊して覚醒しろって話ではあるのだが、なんぼなんでも使えば使うほど良いというものではない。

 

より多く使ったほうが覚醒するというのであれば、記事に出てくるバスキアの絵を、120億じゃなくて、倍の240億を無意味に出して買ったほうが良かったのか?そんなことはない。(オークションという、競りの場でついたにせよ)物には適正価格というものがある。そう、適正価格だ。

 

課金ゲームに関して言うと、課金とは、つまりより豊かなゲーム体験を課金で買うことになる。ならば、そこにも適正価格というものはある。それはどこかというと、最初の画像で赤マルで囲った、一番おもしろい価格帯である。

 

この適正価格と俺が定めるエリアは、無課金の、課金者に遠く及ばないハンデを背負って嬲られるドMエリアより適正な勝負が出来るし、課金者の、自分の強さか札束ビンタの強さかわからなくなるエリアよりも自分のウデマエを自認できる。この、二次曲線が折れ曲がるあたりが、一番面白いのだ。

 

勿論、cisさんのように突き抜けて課金した場合もそれはそれで特殊な面白さが発生するが、それは特例なので、一般的な尺度でいうとこうなる。あるいは、あの人は金銭感覚が違うので、あれがあの人にとっての適正価格なのだ。

 

結局、ゲームを楽しめるかどうかも自分の気の持ちよう次第なので、この二次曲線の適正価格エリア以外だと、課金者への妬みか、無課金者への蔑みが発生するので、無心に楽しめないと思うのだ。

ネタバレ論

ネタバレはどの瞬間から許容されるのか、について。

 

①マンガ(雑誌連載)

一般的には、発売日から話して良いとされる。記憶に残っているのは、るろうに剣心で薫の死体が見つかった時と、ドラゴンボールで悟飯が切れて超サイヤ人2に初めてなったときだ。当時電車の中でも駅のホームでも、マンガを読む世代の学生は夢中になってこのネタについて話し合っていた。

 

逆に、一般的に良くないとされているのは、発売日以前のネタバレだ。昨今は、ジャンプの発売日が月曜であれば、前の週の木曜あたりにはネットにジャンプのスキャンがあがってしまう時代だ。これを見ることまで咎めることは少ないが、このフライングをもとにした、発売日以前のネタバレは原則的に良しとされない。

 

また、これらよりも厳しいネタバレ禁止派閥として、単行本派だから単行本が出るまでネタバレはやめてください派と、まだ読んでない人もいるんですよ!ネタバレというのは人類悪なので未来永劫やめてください派がある。

 

ここで一旦結論は控えて次に移る。

 

②映画

これらよりも難しいのが映画だ。映画のネタバレを上映封切り日の当日にすると、まぁ顰蹙を買うだろう。なぜならば、その日に仕事があったりして、必ずしも見に行けるものではないからだ。映画のネタバレ解禁については、明確に基準を持っている人はあまりいないように思う。上映すぐの頃は控えるべきとか、上映中はやめておこうとか、そういう感覚がふんわりとある程度だと思う。

 

ここで、前述の悟飯や薫の死体について、何故学生が夢中になって話していたのか。それは楽しかったからだ。鮮烈なインパクトを受けたものについて、思ったことを共有し、お互いの考えを述べあうことは、物凄い知的な刺激であり、快感である。作品は独りでだけ楽しむものではない。分かち合うことでその楽しさは膨らむのだ。まさに彼らは目を輝かせて、ネタバレについて語り合っていた。

 

というか、語り合う必要さえなく、見て受け取った考えを発信するだけで十分に意味がある。思ったことをまとめ、文章にし、発信する。チラシの裏に書けという言い回しもあるが、ツイッターで発信することとチラシの裏に書くこと、はてなブログに書くことはどれも意味も効果も違う。

 

ネタバレ禁止期間だから発言しちゃダメだよという縛りで発言できないことは気持ち悪い。その論に依って立てば、未来永劫まだ見ていない人が居るから一切のネタバレは禁止され、それは配慮の強要であり、また表現の自由を剥奪する行為ではないか。

 

勿論、映画の核心にせまるネタバレは、ただの軽いネタバレよりは重い行為である。それは出来る限り避けるべきであって、そこを語らないと触れられないようなテーマでもないと、おいそれと語るべきではない。ただ、映画については、実生活のなかで見に行く時間を作れるかという問題が出てくるので、当日が解禁日とはいかない。というわけで、俺は「上映から10日程度経ったあとは、ネタバレに対してはなかなか文句は言えない」という定義を設けた。これは、見に行こうと努力するならば、ネタバレを回避できる猶予期間だ。

 

③ゲーム

ゲームのネタバレは、実はしていい期間というのは俺にもはっきりと定義できない。おそらく、俺はゲームを愛しているから、ネタバレは極力避けるようになっている。ゲームはインタラクティブな体験なので、ネタバレがとても重要な問題となり得ると思うからだ。

 

だから、ゲームを愛する者たちは、まず探りを入れてからゲームのネタバレを話すようにしていると俺は思う。「俺クロノトリガーすごい好きだったんだよねー」「わかる!俺も大好きだった!」という儀礼を大事にしている。これを経ないと、ラヴォスの話とかには踏み込まない。それは、マンガのネタバレよりも、遥かに慎重にネタバレを扱ってるように思うのだ。

 

先日、友人(俺はこの相手をどのカテゴリに入れていいかまだ消化しきれていないが、相手は俺を友人と呼ぶので)がウィッチャー3を遊んでいて、俺はもうクリア済だったので、ネタバレしないように注意していたのだが、ついにラストにさしかかったという報告を受けて、「ついにラストバトルですか」と述べたところ、「ネタバレしないで!」と言われてしまった。俺はゲーム内で「ついに最後の戦いだな」みたいな会話を主人公達はしていたでしょう?と弁明したのだが、”クリア済の俺が語るラストバトル”は、”こう彼らは語っているが本当はラストじゃないかもしれない”という可能性を消したと言われて、しどろもどろに弁明した。こうもゲームのネタバレというのはセンシティブなものなのだ。

 

だがそんなこととはお構いなしに、特に大作ゲーム、ドラクエだのFFだのとなると、愉快犯がテロ行為として、ラスボスやエンディングに関するネタバレ文をネット上に貼りまくることがある。こういった悲しいテロ行為を経て、人は、どうしてもネタバレを見たくない場合、「ネット断ち」をするようになった。映画ならば見に行くまで、ゲームならクリアするまでネットを絶つのだ。

 

④TV番組

TV番組について、放送された翌日にその話題で盛り上がるというのは、これも当然のように行われている。しかし、これまで出たネタバレ禁止派の基準で考えるならば、HDDに気軽に録画できるようになった結果、週末にまとめて消化する人も増えたのだから、配慮の声が出てもよさそうなものだが、それは聞かない。TVは、放送された翌日から、おおいにネタバレして話して良いものという感覚がある。(ここでは地域による格差は除外する)

 

なぜか。それは、TVは無料だからだ。誰でも見ようと思えば見られたからだ。なのに見なかったやつが悪いのだ。

 

そもそもビデオが出てきたのはTVよりも後発で、TVといえば、TVがおいてある裕福な家庭に集まって皆で見るようなものであり、その後もビデオデッキは高価で一部の富裕層しか持てないものだったことで醸成された、体感共有文化があるからともいえるが。

 

そう、マンガにおいて、単行本派は、単行本が出るまでの間のネタバレが嫌なら、雑誌を買って、読みたいマンガだけ読んで捨てればいい。実際俺は2つ3つしか読みたいマンガがないが、マガジンを買って、残りは物凄い速さで飛ばし読みをしている。だがそういう俺の主張はなかなかとおらない。なぜか。それは、雑誌は有料だからだ。金の問題じゃなく単行本でまとめて読みたい?それは好きにすればいいが、ネタバレされたとピーチク騒ぐな。

 

⑤まとめ

ネタバレに踏み込んで話すことは楽しい。しかし、一定の配慮は必要である。俺は

・雑誌は発売日より解禁とする。東京基準、北海道とか知らん。慣れてるやろ。

・映画は、平日または土日のどちらかに努力すれば見に行けるものとして、封切りから10日程度を禁止期間とする。

・TVは当然語るまでもないが放送日からである。

・ゲームのネタバレは、解禁日などを設けず、慎重に取扱う。

と定義している。

 

ネタバレの深さは、解禁日とはまた別の問題だ。必要以上にネタバレに深く踏み込むと、そこは落とし穴となっていて、語ったそいつの格を落とす事にはなるのだが、解禁日を過ぎていたのならばネタバレ罪に俺は数えない。

 

シンゴジラの攻撃方法について、別の作品から画像を引用してネタバレかましてたクソカスのことを俺は今でも恨んでいるが、シンゴジラをなめていてすぐに見に行かなかった俺が悪いのだからネタバレについては罪とはしない。この程度のネタバレは大丈夫だろうと踏み込んだそいつを、ネタバレへの向き合い方を許さないだけだ。

 

と、こういう恨みを買うこともない、一番無難なのは一切ネタバレをしないことだが、ネタバレに踏み込んだほうが人生が楽しいと俺は思うので、おそるおそる、基準をもうけて堂々と、俺はネタバレをしていく。

レディ・プレイヤー1 100点(ネタバレ)

俺はこれまで一度も100点に出会うことがなかった、と書いておいてなんだが、立て続けに100点と出会った。

スピルバーグの最高傑作にして、俺にとっての100点映画、レディ・プレイヤー1だ。

 

この映画は俺のために作られた映画だ。だから俺が100点なのは当然だった。

 

それはさておき、くだらないクソみたいな批評が目についたのでメモ代わりに書いておく。以下はネタバレなので、映画を見てない人はまだ見ないように。

 

以下はネタバレだからね

 

 

くだらないクソみたいな批評というのは、「レディ・プレイヤー1はリアルとVRを分けて考えて、リアルに帰れとか言ってる」みたいな批評だな。

 

まず、ラストの、火曜と木曜は休みにしようってのは、抜本的で、すごく良いアイデアだと思った。主人公がヒロインとイチャコラしてるから、ムカついたのかもしれないが、あれはリアルに帰れという話ではない。「ネットゲームにも休みがほしいよね」という話だ。ゲームとリアルのどちらが素晴らしいかを論じているのではなく、むしろ、現実にさえ日曜日が存在するのに、ゲーム世界に休みが存在しないから、ゲームをリアルに近づけようという提案だ。

 

これがわかってないアホが結構いるもんだ。まあ、ネットゲームを人並み以上にやりこんだことがないと、これはわからないだろう。「ネットゲームは言うまでもなくリアルの一部だし、休みはあってもいい」ということがね。ネット>リアルでも、リアル>ネットでもない。ネット=リアルだ。リアルの一部なんだ。

 

また、ハリデー記念館をさして、キモいという意見もある。俺も最初、ウェイドがハリデーが振られた日まで覚えてる勢いだからキモいと思った。しかし、ハリデーが何故そうしたのかに思い至った時、共感し涙した。きっとハリデーは寂しかったのだ、だから後継者が欲しかったのだと。その時、彼にはその手段がわからないから、自分を全部知ってもらう事にしたんだろうと。

 

なお、原作およびパンフレットでは、あれはハリデー記念館ではなく、ハリデーの日記、とされている。つまり、2045年においては、ブログとはああいう人生すべてを保存するものかもしれない。ハリデーだけがあれをやってるんじゃなく、ハリデー以外もあれができるとしたら。レディ・プレイヤー1は30年後のSFなんだから、俺らからしたら、1988年の人にフェイスブックを説明するようなものかもしれない。

 

 一点だけ、意見が言えるとしたら、ノーラン・ソレントがラストは、夢中になっているウェイドを見て改心したように見えたが、いまさらそんな改心するよりは、ウェイドのバイザーごしにハリデーを認め、改心してほしかった。彼も一応、クソスーツとはいえ、チームにいたみたいだから。(多分この解釈だと思うが、まだ1回しか見てないし、このシーンのあたりなんて何度も号泣したあとだから確かではない)。でもまぁ、エンターテイメントとしては、主人公にやられるのが良いんだと思う。

 

しいてツッコミを入れるなら、VRが端子ジャックインじゃないのに、ハッキングで現実と混同するのはどうかと思う。最新式スーツだからつけ心地が最高なのだろうか?ちょっとここは疑問だな。

 

まぁでもいいんだ。この映画は100点だった。

 

 

ランス10 100点

俺は何にでも100点満点で点数を付けるのが好きだ。

ゲームを遊んでも、マンガを読んでも、アニメを見ても、映画を見ても、鮨を食っても、ハンバーガーを食っても、100点満点で点数をつける。

 

しかし、ついぞ100点は出会うことがなかった。何千何万もにふれても、100点だと、これは満点なのだと言い切れるものはなかった。しかしついに出会った。ランス10だ。

 

そしてわかった。100点は、味わうためには勉強が要るんだ。100点のものを味わうためには、その分野に精通し、95点と98点の違いが論じられる程度になっていないと、100点を味わうことは出来ないんだ。また、それは初めてでなくてはならない。一度、100点が味わえない状態でそれに触れてしまうと、勉強をしてからもう一度それに触れても、100点を味わうことはできない。準備が整った状態でそれに触れた時だけ、究極の、100点が味わえるんだ。

 

と同時に、ふと神の雫の事に思いを馳せた。神の雫とは、ワインキチガイ評論家の神埼ゆたかが、我が子である雫と、一番弟子である遠峰イッセーに、「私が選んだこの12本のワイン、12使徒を飲んで、ポエムバトルをしなさい。勝ったほうに私の遺産を継がせる」という遺言を残したことから始まる。

 

俺はワインはあまり好きではなかったので、この漫画はペラペラと面白そうなところを流し読みするくらいだったし、興味はなかったのだが、神の雫の神埼ゆたかがやりたかったことは、愛する我が子と、愛弟子に、「きちんと100点が味わえる勉強」をした上で、「自分が見つけた100点」を味わってほしかったからだと、ランス10から100点を受け取って気づいた。

 

だから、俺が予想するに、神の雫の最後は、神崎ゆたかのネタ明かしの遺言を読んだあと2人で100点を味わうんだと思う。遺産は2人で分けると思う。1話を読み直したが、雫は神埼ゆたかが最期に飲んだワインを飲まずに捨てている。これはとてもメッセージ性が強いと思う。この1本こそが、神の雫ではなかろうか。飲む資格のなかった雫は飲まなかったが。

 

話がそれた。ランス10は100点のゲームである。当然、それは俺に、100点を受け取る資格が備わっていたから味わえたものだ。誰でも、ランス10を遊べばすぐに100点が味わえるというものではない。よって、俺も12使徒を選ぼう。ランスはRPGだからRPGというジャンルにした。

 

神のRPG
ランス10

 

12使徒

ドラクエ3
ドラクエ4
ドラクエ5
ドラクエ11
ペルソナ5
クロノトリガー
マザー2
ロマサガ2
FF5
ランス6
ランス7
ランス8

 

 

以上の12本のゲームは、どれも俺採点で90~98点の名作なので、時代を超えて楽しめるはずだ。これら12本をきちんと楽しんだあとで、ランス10を遊べば、素質があれば100点を受け取ることが出来る。

 

それと、ランス10を生み出したアリスソフトというシャトー、またランスの系譜として、余裕があればランス01、ランス02、ランス03、ランス9も抑えて欲しい。これらは必須ではない。

 

ランス10についての感想は述べるまでもない。100点だと言っている。それ以上に何の説明が要るだろうか。

先週観たもの

木曜くらいから風邪で寝込んでた、雨ばっかだし体調悪いしさんざんだ

迷宮ブラックカンパニー 1

迷宮ブラックカンパニー 1

 

 異世界転生の、主人公がチートなしランス?カイジの雑魚?いやなやつというコンセプト。でも現代知識と思想でなんとか経営者になろうとする話。まぁまぁ読める

79点

夢みる太陽 : 1 (アクションコミックス)
 

少女漫画って心情描写が丁寧だなあ、俺には理解できないけど。ただ、交通事故の刑事裁判?(検事が出てきてるから)の判決が、加害者は被害者に奉仕しなさいってそんな馬鹿な…韓流ドラマよりもフィクションだな。でも少女漫画は新鮮で面白かった

81点

群れなせ! シートン学園(2) (サイコミ)

群れなせ! シートン学園(2) (サイコミ)

 

安定した感じだがエロが足りない

77点

カブトムシバトル(スタンドバトル)。ようわからんが読んでる

75点

だいたい一人2万くらいの鮨屋を回るだけの漫画。いくつか俺も行ってみるかな

72点

マシリトが出てきたり、元担当をぶち殺してやるって言ったり、俺はもっと外道にならなきゃ!で終わる。彼女をレイプでもすんのけ?

83点

ピコピコ少年のエロ漫画とか脱衣麻雀とか版

74点

中つなぎの巻。ピーヴは3巻にして壁にぶつかり、作者はコミュ障として描かれ、一応かっこいいとフォローが入る。華やかなパーティで不穏な雰囲気で続く。 

79点

ときどきどぎつい下ネタ、現代の便利を否定と、うさくんの安定芸風。

80点

キチガイが役に立つかという。でもどうすんだ?目標(拾ってもらった命をその人のために使う)が果たせなかった時空っぽになるんかね?レイリは。信長が悪いヤツに描かれすぎ。

83点

社畜が唐突な不倫セックスしつつ女子中学生と過ごす話。何度見ただろうかこの手のテンプレ。

72点

モブサイコ100(15) (裏少年サンデーコミックス)

モブサイコ100(15) (裏少年サンデーコミックス)

 

宇宙人の話はクソワロタけど、モブって交通事故程度でダメージ食らう設定だっけ????

86点