万引き家族の整理

万引き家族を見てきた。89点。

いい映画だと思うが、後味が悪すぎる、そして父になるより悪い。考えさせられるというやつの極致。

ただ、そんな国の恥がどうとか監督がどうとか揉める映画ではないな。後味が悪すぎるだけで、いい映画だ。

俺は映画とは娯楽だと思ってるので、娯楽が好きだからこの映画には90点以上は付けられない。

 

おおいにネタバレになるので、まだ見てない人は見てからのほうがいい。

カンヌをとるくらいの映画なのは確かだから。

 

映画館が、今まで一度も見たことのないくらい静まりかえって鑑賞していた。それはもう気持ち悪いくらい静かで、咳払いすら躊躇われるような異常な静寂に包まれていた。それは、この映画を見始めた冒頭から、あまりにも重苦しい、想像し難いほどの辛い現実というやつを突きつけてくるからだ。

 

万引き家族に登場する人間は、ほとんどが闇を抱えている。善人か悪人かはおいといても。

 

というわけで整理と感想。俺は小説とかは読まず映画を一度見ただけ。

主要な登場人物でいうと

万引き一家

・父親

能がなく、日雇いの土木仕事くらいしか仕事がないし、勤労意欲もない。過去に痴情のもつれから、不倫相手の夫を殺して埋めている。(これは裁判も終わって前科がついている。)万引きを子供にやらせ(これは見つかったときの保険だろう)、通りすがりに虐待されている子供を見つけると拾って帰ってしまう(誘拐)のはおそらく母親のためだろう。車上荒らしもやってるし、特筆すべき闇は描かれてなかった。強いて言うならば息子が欲しそうなくらいか。単なる犯罪者といってもいい。最後はアパートでひとり暮らしをしていた。罪を償っていない(車上荒らし等)ので、ただのクズとして終わったように思う。またやるだろう。最後に祥太とも決別した。

 

・母親

過去に父親と不倫をして、その時の夫を殺して埋めている。子供ができない体らしく、父親と一緒に、パチンコ屋の駐車場で死にかけていた男の子(祥太)を拾ったようだ。罪を全て背負って服役する。子供をさらって来た事はこの母親の欲求であろうし、おそらくパチンコ屋で祥太を拾う事も、強く求めたのではないかと思う。しかし、子どもたちに、自分を母親と呼ばせる事ができなかった。ただ、罪を償おうとはしている。

 

・祖母

昔、夫を寝取られ、その寝取った相手と夫との間にできた息子夫婦の家に線香をあげに訪問し、金をせびっていた。また、その家から家出した娘を家族に迎え入れ、その娘が風俗店で働いても止めもしなかった。かなり闇が深く、人生も残りわずかということで、子供をさらってこようが気にしていなかった。万引き家族の団欒を経てぽっくり死。作中一番の勝ち組かもしれない。

 

・長女

作中で最も裕福そうだった家庭の生まれで、妹の名前を源氏名にして風俗店で働いていた。家出しても、捜索とかもされていないようだったから、親とは仲が悪い。風俗店の客(吃音症?)と付き合いだした。救いはないけど、資産(若さ、美しさ)を持っているのでどうとでもなりそうでもあり、万引き(犯罪)もしていない。ただ、未来は暗闇に包まれ、どうなるかわからない。信じていた祖母にも、警察からあなたはただの金目当てで腹いせだったと告げられた。悲惨だ。メンヘラの素質たっぷり。

 

・長男

パチンコ屋で拾われた。万引きしていた駄菓子屋の爺さんが、妹にはやらせるなと言ったこと、その店が潰れたこと(母親から、万引きは店がつぶれないならセーフみたいなことを言われていたが潰れた)、生活に困ったのか車上荒らしまでつきあわされるときに、これは万引きじゃなくて本当に盗みだからやりたくないと拒否し、スーパーで妹に万引きさせるのがどうしても嫌になって衝動的にわざと捕まる。この映画の中で、唯一の純粋な良心。地頭も良いようだし、イケメンでもある。本当の両親を一応探しに行くのだろうと思う。妹の事も心配してそうだが、年齢的に何ができるだろうか。児相に垂れ込むくらい?

 

・次女

美男美女の世間が羨むような夫婦(できちゃった婚)は、結婚後夫>妻のDVからの育児放棄。幼さ故に万引き一家にほいほいさらわれてしまった。半年?の虐待しない家族との暮らしの結果両親への不信は拭えず、むしろラストシーンで目に見える傷が無かったことが不自然なくらい。幼すぎるしどうしようもない。近所の人が気づいて通報するくらいしかないが、それも望みが薄い。この一番救いがない子がラストを締めくくるので、本当に後味の悪い映画だった。

 

あとはその他モブ

・長女一家

誰もが羨みそうな裕福な家庭だが、長女を切り捨ててる歪さを祖母に腹の底で笑われてる。でも、長女を切り捨てたなら、本当に誰もが羨む裕福な家庭として完結してしまう。それを闇とするか、長女を異端とするか。

 

・長女の彼氏

風俗の中でも、見るだけ系の風俗に行く人間として、完全なコミュ障として描かれていた。あまり真面目に接客してなかった長女に常連指名した結果付き合うことに。作中かなりのラッキーボーイ。そのままメンヘラと共依存してくほうが幸せだと思う。

 

・駄菓子屋の親父

作中の小さな良心。まあ、見逃すより、捕まえて説教したほうがとかいう見方もあるだろうが。妹にもやらせるのを見て我慢できず、それまでと反して声をかけた。視聴している者の気持ちをさくっと代弁した人かもしれない。

 

・警察官

若く、溌剌としていて、悪を許さず、弱きを助けようとする。ただ、長女と次女は救えない。長男は救ったかな?親なし子だから養護施設?を用意してあげた。救ったというか、親なし子には養護施設を与えるシステム。

 

整理してある程度スッキリしたが、この映画は社会の暗部を鋭く描き、答えもなく、問いかける形で終わる。

俺は、社会の暗部を描きつつも、理想や夢をのせて描くSFのほうが好きだ。

同じ社会風刺でもスターシップ・トゥルーパーズのほうが好きだ。

万引き家族の整理

万引き家族を見てきた。89点。

いい映画だと思うが、後味が悪すぎる、そして父になるより悪い。考えさせられるというやつの極致。

ただ、そんな国の恥がどうとか監督がどうとか揉める映画ではないな。後味が悪すぎるだけで、いい映画だ。

俺は映画とは娯楽だと思ってるので、娯楽が好きだからこの映画には90点以上は付けられない。

 

おおいにネタバレになるので、まだ見てない人は見てからのほうがいい。

カンヌをとるくらいの映画なのは確かだから。

 

映画館が、今まで一度も見たことのないくらい静まりかえって鑑賞していた。それはもう気持ち悪いくらい静かで、咳払いすら躊躇われるような異常な静寂に包まれていた。それは、この映画を見始めた冒頭から、あまりにも重苦しい、想像し難いほどの辛い現実というやつを突きつけてくるからだ。

 

万引き家族に登場する人間は、ほとんどが闇を抱えている。善人か悪人かはおいといても。

 

というわけで整理と感想。俺は小説とかは読まず映画を一度見ただけ。

主要な登場人物でいうと

万引き一家

・父親

能がなく、日雇いの土木仕事くらいしか仕事がないし、勤労意欲もない。過去に痴情のもつれから、不倫相手の夫を殺して埋めている。(これは裁判も終わって前科がついている。)万引きを子供にやらせ(これは見つかったときの保険だろう)、通りすがりに虐待されている子供を見つけると拾って帰ってしまう(誘拐)のはおそらく母親のためだろう。車上荒らしもやってるし、特筆すべき闇は描かれてなかった。強いて言うならば息子が欲しそうなくらいか。単なる犯罪者といってもいい。最後はアパートでひとり暮らしをしていた。罪を償っていない(車上荒らし等)ので、ただのクズとして終わったように思う。またやるだろう。最後に祥太とも決別した。

 

・母親

過去に父親と不倫をして、その時の夫を殺して埋めている。子供ができない体らしく、父親と一緒に、パチンコ屋の駐車場で死にかけていた男の子(祥太)を拾ったようだ。罪を全て背負って服役する。子供をさらって来た事は、この母親の欲求であろうし、おそらくパチンコ屋で祥太を拾う事も、強く求めたのではないかと思う。しかし、子どもたちに、自分を母親と呼ばせる事ができなかった。ただ、罪を償おうとはしている。

 

・祖母

昔、夫を寝取られ、その寝取った相手と夫との間にできた息子夫婦の家に線香をあげに訪問し、金をせびっていた。また、その家から家出した娘を家族に迎え入れ、その娘が風俗店で働いても止めもしなかった。かなり闇が深く、人生も残りわずかということで、子供をさらってこようが気にしていなかった。万引き家族の団欒を経てぽっくり死。作中一番の勝ち組かもしれない。

 

・長女

作中で最も裕福そうだった家庭の生まれで、妹の名前を源氏名にして風俗店で働いていた。家出しても、捜索とかもされていないようだったから、親とは仲が悪い。風俗店の客(吃音症?)と付き合いだした。救いはないけど、資産(若さ、美しさ)を持っているのでどうとでもなりそうでもあり、万引きもしていない。ただ、未来は暗闇に包まれ、どうなるかわからない。信じていた祖母にも、警察からあなたはただの金目当てで腹いせだったと告げられた。悲惨だ。メンヘラの素質たっぷり。

 

・長男

パチンコ屋で拾われた。万引きしていた駄菓子屋の爺さんが、妹にはやらせるなと言ったこと、その店が潰れたこと(母親から、万引きは店がつぶれないならセーフみたいなことを言われていたが潰れた)、生活に困ったのか車上荒らしまでつきあわされるときに、これは万引きじゃなくて本当に盗みだからやりたくないと拒否し、スーパーで妹に万引きさせるのがどうしても嫌になって衝動的にわざと捕まる。この映画の中で、唯一の純粋な良心。地頭も良いようだし、イケメンでもある。本当の両親を一応探しに行くのだろうと思う。妹の事も心配してそうだが、年齢的に何ができるだろうか。児相に垂れ込むくらい?

 

・次女

美男美女の世間が羨むような夫婦(できちゃった婚)は、結婚後夫>妻のDVからの育児放棄。幼さ故に万引き一家にほいほいさらわれてしまった。半年?の虐待しない家族との暮らしの結果両親への不信は拭えず、むしろラストシーンで目に見える傷が無かったことが不自然なくらい。幼すぎるしどうしようもない。近所の人が気づいて通報するくらいしかないが、それも望みが薄い。この一番救いがない子がラストを締めくくるので、本当に後味の悪い映画だった。

 

あとはその他モブ

・長女一家

誰もが羨みそうな裕福な家庭だが、長女を切り捨ててる歪さを祖母に腹の底で笑われてる。でも、長女を切り捨てたなら、本当に誰もが羨む裕福な家庭として完結してしまう。それを闇とするか、長女を異端とするか。

 

・長女の彼氏

風俗の中でも、見るだけ系の風俗に行く人間として、完全なコミュ障として描かれていた。あまり真面目に接客してなかった長女に常連指名した結果彼氏に。作中かなりのラッキーボーイ。メンヘラと共依存してけ。

 

・駄菓子屋の親父

作中の小さな良心。まあ、見逃すより、捕まえて説教したほうがとかいう見方もあるだろうが。妹にもやらせるのを見て我慢できず、それまでと反して声をかけた。視聴している者の気持ちをさくっと代弁した人かもしれない。

 

 

整理してある程度スッキリしたが、この映画は社会の暗部を鋭く描き、答えもなく、問いかける形で終わる。

俺は、社会の暗部を描きつつも、理想や夢をのせて描くSFのほうが好きだ。

同じ社会風刺でもスターシップ・トゥルーパーズのほうが好きだ。

俺は胡散臭い自称ゲーマー吉田直樹が嫌いだ

www.4gamer.net

 

こんな記事もあったのね。

 

そもそもAPB(Anti Paralyze Box)※も持ってない人が多かったですね。「動けないー」って,パラライズの魔法を当てているからなのですが,僕の住んでいた世界の経験上,APBでパラライズは必ず解除されるもので,その直後の行動と反応を見て次の手を考える,みたいな生きるか死ぬかの緊張感がすごかったのですが……。

こことかは微妙に違和感を覚えるけどグレー。APB持ってるのが当然で次の手とかいうならそもそもパラライズは打たない。相手のAPBが少ないと踏んで、他の仲間来るのを待ちたい時ならAPBの上からパラライズ重ねて固めて瞑想とかいうテクはあったけども、APBそもそも持ってなさそうなトランメル相手のパラライズは、APBない前提で打つもんだよ。パラライズ当てられたトランメラーが、うごけないーとか打ち終わるまで傍観してるのも謎だしね。でもグレー。

 

基本的には「行き着くところまでやる」という感じです。ただ,PKのあるゲームというとどっぷりやったのはUOくらいですね。UOは2キャラを使い分けてひとつは完全PvEの善人キャラで,もう一キャラがPKメインでした。PvE側は普通にメイジタンクと呼ばれるプレイスタイルだったのですが,それとは別にキャラクターを作って,そっちでは極悪PKを……。

 でもこっちは黒だね。「メイジタンク」なんて言うやつは一人もいなかったよ。当時うるうるとかAsukaBBSとかコミュニティはいくつかあったけど、全てにおいて「タンクメイジ」だった。

 

メイジタンク UO - Google 検索

 

メイジタンクで検索してもタンクメイジしかヒットしないよ。TankMageSwordsmanでTMSとか、TankMageArcherでTMAだとか、みんなこの呼び方をずっと使ってた。うっかりとかじゃなくて、当時UOを本当に遊びこんでたやつなら、タンクメイジをメイジタンクなんて言い間違えることはありえないんだよ。だからやっぱり黒だろうな。

 

レディプレイヤー1で、オタクに取り入ろうと、イヤホンでオタク知識を仕入れながら私もオタクだよって語りかける悪役が出てくる。主人公は金に目が眩みそうになってた自分を振り切って、その悪役を敵だと認定するくらい、蛇蝎のごとくこの行為を嫌うんだけど、俺も知ったかぶりして自分を嘘で塗り固めるやつは大嫌いだね。

田端信太郎「過労死は自己責任」を踏まえての「祟り論」

togetter.com

 

過労死は自己の責任なのかどうかという話で、

田端信太郎「過労死つっても鎖で縛って鞭打ってやらせてるわけじゃないし辞める自由もあったはずなので自己責任も一部ある」

弁護士「自己責任とは何事か!使用者がいなければ過労自死するほど追い込まれることもなかった!ぷんすか」

 

ということだと思う。

 

それを踏まえて、こないだ祟り論という面白い話をしたのでその話をする。

 

祟り論とは、幽霊が祟るという概念が日本特有のものであり、これが日本人の特性であり、殺意を縛る呪いであるという考えだ。

 

同級生と飲みながら雑談をしていたとき、歴史上のランキング上位者(なんの上位者かは考えてみよう)というと、ヨシフ・スターリン毛沢東ピサロ、ルメイ、ポルポトなどが挙げられるのだが、日本人はこのランキングで上位に食い込めないでいる。それは何故か。部屋を黄金で埋めろと言ったり、埋めた王を焼き殺したりするような暴虐な振る舞いを、果たして我々はその立場に立ったとき我慢できるか?という話をしていると、それは日本人が幽霊の祟りを信じるからではないか?と一人が言った。

 

曰く、日本人は幽霊が祟るという概念を信じているが、これは日本固有のものである。祟りを恐れるからこそ、虐殺者や独裁者が出ないのではないか、と。なるほど。お岩さんや、最近でいうと貞子や伽椰子のように、「祟り」は抵抗さえできない無敵のものとして認識されている。恨みを持って死んだ者は、幽霊としてその加害者のもとに現れ、抵抗すら許さずに命を奪う。

 

たとえばキリスト教においては悪魔と異教徒は討ち滅ぼすものであり、聖水と鉄槌により対抗できるが、祟りに対しては、陰陽師が倒したという話も聞かない。せいぜいが、鎮魂の儀を執り行い、お願いしてお許しいただく程度の対抗策しかない。絶対的な恐怖が「祟り」だ。

 

「祟り」の概念で縛られることは、独裁者を生まないと同時に、革命者も生まない。よって、革命で元貴族を五体バラバラにして槍に突き刺してパレードしたりしない。虐殺も革命も「祟り」で縛られているのが日本人の特殊性ではないか。たとえば明治維新においても、錦の御旗を担ぎ出さないと革命もできないくらい、日本人は革命が苦手だ。

 

殺すと「祟り」が怖いと思っているし、「祟り」が怖いから相手も殺すまではやらないだろうと信じている。それが世界でも特殊な、日本人の考え方ではないだろうか。そしてこれの突き詰めたところが、日本独特のブラック企業ではないか。首にする(殺す)手段は、まぁ突き詰めればあるんだが、それよりも使い続ける(使い潰す)。革命(労基とか告発)もできず使われ続け、壊れてしまう。

 

”PUBG論”、または”努力と才能と流行論”

PUBGというゲームが流行っている。尋常じゃないくらい流行ってるらしい。

 

PUBGとは、サバイバルTPSゲームだ。100人のプレイヤーが一つの島で生き残りをかけて殺し合い、最後の1人(またはチーム)になれば、ドン勝(優勝みたいなもんだ)する。

 

なぜこのゲームがこんなにも流行るのか。それはPUBGが従来のFPS/TPSゲームと比べて、圧倒的に運ゲーだからだ。

 

従来のゲームは、実力差がはっきりと出る、eSportsに属するゲームだった。俺は、格闘ゲームや、FPS/TPSが、ある一定ライン以上には流行らずに頭打ちする原因は、この実力差がはっきりと出る点にあると思う。アメリカではFPS/TPSが流行るという言説についても、PUBGが従来のゲームをぶっちぎったことで否定された。アメリカでは銃が身近な存在だから、身近なスポーツとしてFPS/TPSが受け入れられていただけだ。アメフト、野球、FPSゲームというふうにね。

 

そう、格闘ゲームFPS/TPSは、努力や才能(反射神経etc)による実力差がはっきりと出るという点において、野球やサッカーといったスポーツや、将棋や囲碁といった知能ゲームにかなり近い。

 

これらとは逆に、運ゲーに振ったことで大衆の人気を獲得したのがPUBGだ。PUBGの在り方は、昨今のDTCGや、麻雀に近い。トップ運やツモ運一つで、その道に心血を注いできた、プロと呼ばれる人に素人でも勝てるかもしれない。この点で皆が夢を見ることができるから、PUBGは従来のFPSよりも圧倒的に流行ったのだ。

 

PUBG、DTCG、麻雀は運ゲーである、しかしそれは蔑む意味ではなく、その運ゲー要素によって圧倒的多数のプレイヤー人口を得て他に勝ってるのだから、生存競争的にみれば運ゲーだから”強い”。

 

みんな努力とか才能とかに縛られずに勝ちたいのだ。それらから目を背けると、運ゲーこそが平等だと思う人が多いのだ。

 

その道に人生を賭けて心血を注ぎ、何十何百倍もの努力と才能によって高みにいる、たとえばイチローが、運次第でリトルリーグの野球少年に野球で負けるなんてことがあったら、これほど理不尽で不平等なことはないと思うのだが、PUBGや麻雀ではそれに近いことが起こり得る。だから運ゲーだし、みんながハマるんだ。

”『FFタクティクス』松野泰己✕『FFXIV』吉田直樹対談”へのツッコミ *追記*

news.denfaminicogamer.jp

 

ちょっと我慢できないので書いとく。

 

この記事で、さもUOをやりこんでたかのよう述べているが、ツッコミを入れよう。

 

他人の家に入ると犯罪者扱いされるので、その呼びかけに引っかかると“犯罪者フラグ”が立つんですよね(笑)。報復としてのPKはお咎めナシなので、それを利用した合法PKですね。

 

俺の記憶では家に入るだけで犯罪フラグは立たなかった。家とは、鍵を盗まれたら終わりのオープンハウスだった。後にI ban theeや鍵変更の機能が追加されるまでは。

 

追記。本人からコメントがあったので話し合ったらカルマシステムの勘違いだと判明しました。というわけで記事が修正されるかもしれないそうです。

 

この家PKに関する発言はもとから勘違いっぽいところもあって、そもそもフラグPKとかの手法ってのは、やられたやつに完全に理解されるようでは使い物にならないから、殺された側は曖昧なのは当然で、あまり違和感はなかった。

 

ただし、以下の発言。これらはダメ。

ええ。その平和なトランメル側が混んでくると、「俺たちもずいぶん強くなったから、PKがいると噂のフェルッカ側のダンジョンに行って荒稼ぎでもするか……」なんて言い始める人が出る。
 しかもそういう人たちに限って、銀の鎧にマントを羽織って、ダンジョンの中でもなぜか馬に乗っているという。きっとPvEにはとても自信があるのだと思います。ガンダルフ【※】然とした魔法使いもいる。

 ①当時、歩行者と馬だと馬の方が足早いし、ダンジョンの中でも馬に皆乗っていた。海外鯖の頃は、馬に乗ったほうが足が遅くなる不具合があり、”ダンジョンに関係なく"徒歩が推奨された時代もあったと聞いたことがあるが、トランメルとフェルッカに別れたころは確実に皆ダンジョンでも馬に乗っていた。明らかにおかしい。UOはダンジョンでも馬に乗るゲームだった。絶対に。

f:id:kuuhaku2:20180522175040j:plain

(画像はgoogle検索から適当に引用)

UOに銀の鎧なんて無い。Magic武器で銀武器はあったが、銀の鎧はなかった。


フェルッカとトランメルが別れた頃にPvEなんてねえ。強いモンスターはEVでハメるかドラゴンけしかけるくらい。敵の強いやつ(バロンとかAncientWyrm)はハメないと殺せない強さで、せいぜいシルバー武器でLich殴るくらいか。PvEという概念が出来てきたのは、このだいぶ後、EQとかが出て、装備に保険とかつけられて、レア装備とか増えた時代。この時代にPvEに自信なんてない。


ガンダルフ的装備ってローブにウィザードハットのことか?それTankMageの基本装備で全員その格好だったけどな。

 

 

なぜ、UOをやりこんでましたというあきらかにバレる嘘をつくのか。

 

UOを本当にやりこんでた人が見たらひと目でわかる嘘を。

 

UOをやりこんでいたものとしてツッコミが我慢できなかった。

課金ゲームの面白さ論

f:id:kuuhaku2:20180516180510j:plain

まず先に結論がある。この画像だ。

 

横軸と縦軸の値はゲームによって変わってくるが、課金ゲームというのは、全てこのグラフによって表されると思うし、全てにおいてこの図が成立すると俺は思う。

 

何故だろうか。これはゲームそのものだけでは語ることはできなくて、「ゲーム」と「お金を使うというゲーム」との複合ゲームだからだと思う。お金を使うこともゲームなのだ。

 

 

日本でトップレベルにお金を使ってる人は、お金をバリバリ使うと自分のレベルが上って、もっと稼げるようになるからもっとバリバリ使えと言っている。

 

まぁ間違っちゃいない。ただ、上手く使わないと、お金をきちんと使うというのは難しい。上手く使って成功体験になればその通りなのだが、使った後、納得感がないと、それは失敗体験になってしまう。

 

資本主義社会に生きている以上、お金の使い方には納得感があるかどうかの基準が各自にある。前述の記事は、そのタガをぶっ壊して覚醒しろって話ではあるのだが、なんぼなんでも使えば使うほど良いというものではない。

 

より多く使ったほうが覚醒するというのであれば、記事に出てくるバスキアの絵を、120億じゃなくて、倍の240億を無意味に出して買ったほうが良かったのか?そんなことはない。(オークションという、競りの場でついたにせよ)物には適正価格というものがある。そう、適正価格だ。

 

課金ゲームに関して言うと、課金とは、つまりより豊かなゲーム体験を課金で買うことになる。ならば、そこにも適正価格というものはある。それはどこかというと、最初の画像で赤マルで囲った、一番おもしろい価格帯である。

 

この適正価格と俺が定めるエリアは、無課金の、課金者に遠く及ばないハンデを背負って嬲られるドMエリアより適正な勝負が出来るし、課金者の、自分の強さか札束ビンタの強さかわからなくなるエリアよりも自分のウデマエを自認できる。この、二次曲線が折れ曲がるあたりが、一番面白いのだ。

 

勿論、cisさんのように突き抜けて課金した場合もそれはそれで特殊な面白さが発生するが、それは特例なので、一般的な尺度でいうとこうなる。あるいは、あの人は金銭感覚が違うので、あれがあの人にとっての適正価格なのだ。

 

結局、ゲームを楽しめるかどうかも自分の気の持ちよう次第なので、この二次曲線の適正価格エリア以外だと、課金者への妬みか、無課金者への蔑みが発生するので、無心に楽しめないと思うのだ。