電子書籍とカラー版と検索ワードについて

GANTZのOSAKA編カラー版が出た。GANTZのカラー版はずっと止まっていたので購入を見送っていたが、再開したのならと読みたかったし全巻購入した。そして読んでいて気付いたのだが、途中が抜けている。オニ星人のあとの吸血鬼星人編がすっぽり抜けてOSAKA編がいきなりリリースされている。多分3D映画のGANTZ:Oにあわせてなのだろうが…ふざけているのか!

 うん、間飛んでて切れそうだけどやっぱカラーはいいな。

 

電子書籍になって漫画にフルカラー版というのが生まれた。紙でフルカラー版が発売されている漫画は、知る限りドラゴンボールだけだが、電子書籍では多くの漫画がフルカラーになっている。印刷しなくても良いなら、カラーが出せるってことなんだろう。

 

あの迷作漫画のカラー版が読めるなんて!と胸を踊らせたものだが、三大出版社は手ぬるい。集英社はマシだが、完全にやる気のない小学館講談社は本気でふざけんなと言いたい。

 

前述の通り、漫画のカラー版は電子書籍にほぼ限られる。電子書籍の販売といえば、とにかくKindleだ。日本のその他電子書籍はこの際無視する。Amazonが強い。Amazonと唯一勝負ができるかもしれないのは、DMM.COMだ。何故かと言うと、DMM.COMだけ規制がゆるいのだ。DMM.COMでしか買えないエロ電子書籍があるし、同じ商品でもAmazonDMM.COMではDMM.COMのほうが修正がゆるい、らしいのだ。

eno000.hatenablog.com

DMMでまだ買ったことないから知らんがそろそろ調べて買おうかな、今検索したらAmazon村八分を食らったので有名な無邪気の楽園というエロ漫画もDMMだとカラー版売ってるや。

book.dmm.com

 

話がそれたので戻そう。小学館講談社は、電子書籍の対応についてほぼゼロといっていい。しかも小学館は内容がゴミだ。

 

Kindleのような電子書籍販売ページの、リアル書店との違い…色々と挙げられるだろうが、一番大きいのは「検索しないと当該商品をほぼ見つけられない」ことだと思う。リアル本屋といえば平積みであり、電子書籍にはそれがない。一応TOPページやランキングページに行けばすごく使いづらいそのようなページはあるが、リアル本屋からは程遠い。

 

ここで、三大出版社のカラー版の検索ワードはどうなっているか

集英社=カラー版

小学館=デジタルカラー版、フルカラー、オールカラー版

講談社=フルカラー版

 

である。検索ワードとは、武器であり戦場でもある。しかも、検索結果という戦争は、ページを分割した単品売りや、怒涛のエロ漫画リリースラッシュ等で互いに侵食しあう、血で血を洗う戦場だ。そこで、どの検索ワードにするかは、市場を調査し、入念に考えるべきである。結論からいうと、一番検索しやすいカラー版に寄せるしかないと思う。

 

「カラー版」の検索結果は、多少のエロ漫画はあるが集英社がガッツリ抑えており、また、新刊のカラー版が登録されると上位にそれらがきちんと来るため、「カラー版」で検索することは、新作カラー集英社漫画を見つけることができて、とても使い勝手が良い。集英社は多くの作品を現在進行系でカラー化しており、本当に素晴らしく思う。GANTZで間を抜かしてリリースしたことは許さないが。

 

小学館は、知る限りドラえもんとノゾキアナの2種類しかカラー版を出していない。ドラえもんはデジタルカラー版であり、ノゾキアナはフルカラーという表記で、ぼくんちはオールカラー版だ。表記ゆれが致命傷だと何故わからない。しかも「フルカラー」はエロ漫画に完全に侵食された検索ワードであるため、フルカラーで検索してもノゾキアナは出てこない。最悪だ。さらに、ドラえもんは、モノクロ版は従来のてんとう虫コミックスそのままであるのに、デジタルカラー版は「順番を勝手に入れ替え」「しかも1巻あたりの収録数を大幅に減らし」た編集版なのだ。クソとしか言いようがない。1巻だけ買って、アカウントから消した。小学館のカラー担当者はクソ!

 

講談社は、知る限り寄生獣しかリリースしてない。表記はフルカラー版。「フルカラー版」でAmazonで検索すると、殆どがエロ漫画に侵食されていて、1年前は寄生獣は上位に無かったのだが、何らかの対策をしたのか、寄生獣が上位に来るようになっていた。(単純に売れてAmazon内のランクがあがったのかもしれんが)

 

三大出版社ではないが、他出版社でいうと

秋田書店はカラー版を知る限り出していない。

白泉社はきちんと「カラー版」で何種類か出している。

エロ漫画は「フルカラー」をメインにしている。

 

エロ漫画がフルカラーを主戦場に選んだ以上、集英社が切り開いたカラー版に乗る他ないと思うのだが、小学館講談社もカラー版には興味ないようだ。