電通過労死とキングダム

はてなブログ

はてなのトップを見てると電通の過労死についてのブログがHOTでCOOLみたいなので。

 

電通の下っ端、特にラテとかがヤバい。セクハラモラハラパワハラフルコースで、徹夜に次ぐ徹夜、不祥事があれば磔獄門。取引先接待では陰毛に火を付けておもてなし、取引先のチンコを余興としてラップフェラするのは当たり前、強者は生でいく。というのは気まぐれコンセプトで読んだ。

気まぐれコンセプト クロニクル

気まぐれコンセプト クロニクル

 

 

それでも世間を動かすような大きい仕事になるのなら、なりたい若者は多く、なりたい若者が多い業界は上に下がこき使われる。望む望まないにかかわらず。ゲーム業界とかまさにそんな感じ。別にこれは搾取とは言わない。仕組みだ。志願者が多いなら、より厳しい条件で選抜したほうがいい。

 

キングダムの先週の話が、「志望者が多く来たが、飛信隊がより強くなるため、一芸を持つ、もしくは平均点の高いやつが欲しい。一芸はわからないから、入ってきた奴のなかで一芸を持つ奴が見つかれば御の字、とりあえず超厳しい体力試験でふるいにかけよう」という話だった。

 

電通やゲーム業界における、どブラックな環境は志願者が多いからだし、志願者が多いのにぬるま湯環境なんかにしてたら戦争に負けて国が滅んでしまう。一芸を持つなら抜擢もあろうが、とりあえず志願者を1/10に減らすための異常な体力試験でふるいにかけられる。(キングダムでは、体力試験に落ちた弓の天才が偶然拾われる)

 

自分がプレイヤーで、シミュレーションゲームで新兵を採用するとしよう。100人の志願者がいて、10人の枠がある。誰だって、強い順で上から10人か、ユニークスキルを持つやつにするだろう?これはゲームだから、パラメータが見えるから、こういう正解がいきなり取れるが、パラメータがマスクされてた場合どういうプレイをする?

 

志願者が枠よりも何倍も多い環境は、何人かに1人しか生き残れないような環境になる。100人に1人とか、そういう割合できっと潰れるが、その何人かを救うためにあれこれ手を回してたら、会社が滅ぶ。強制的に辞められなくして働かせるとか、脅迫するとか、そういう法に触れるようなアウト企業は法によって取り締まるべきだが、法に触れないものはどうだろう。

 

小野和俊のブログ:「努力なんて格好悪い」と斜に構えずに、集中して物事に取り組もう

起業してほぼ確実に成功する方法|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」

 

仕事に限らず、趣味でも何でも、没頭して自分がやろうと思ってることに人生を注ぎ込むことは気持ちいい。どブラックな職場環境でも、それがやりがいのあることで、後に成功した場合、全ての過去はバラ色に塗り替えられ、努力や嫌なこと全ても、楽しかったという記憶になる。成功すれば。

 

失敗している場合、現場の雰囲気は最悪で、どう取り繕っても色んなことに悪影響が出る。精神状態だったり、人間関係だったり。

 

一触即発で殺し合いをはじめかねない状態でも成功すれば良好な状態になるし、どんなに良好な人間関係を構築していても失敗すればギスギスする。死力を尽くし成功したケースと失敗したケースの両方を体験してそう思う。

 

会社の上層というのは、少なくとも成功したケースは体験している場合が殆どだ。死力を尽くさないと覚醒はしないし、成長もないと体験から知っている。むしろ他に要因を知らない。だからそれを前提に手ほどきする。キングダムに出てくる大将軍が、見どころのある若造に戦い方を背中や言葉で伝えようとするように。

 

毎日睡眠以外全部仕事して成功を掴んだあとなら、失敗した事さえじんわりと噛みしめられる。嫌な思い出も多いが、そこから学ぶこともできる。どブラック苦労の先の成功体験を知らない場合、潰れるケースがある。潰れる人は何人か見てきた。一度成功なり失敗なりしてる人はだいたいしぶといが、一度も成功も失敗も体験したことが無いやつは潰れやすかった。

 

失敗も成功もまだしたことがない、人気業界に向かう新卒の人たちは、自分は戦場に出てくる新兵であり、戦が向かないなら田舎に帰って他の生き方を探すべきだということを知った上で戦場に向かうのが良いと思う。

 

ただ、なかなか、自分の人生において主人公は自分だから、モブの道は選び辛いよな。

 

今日もまた、大将軍にあこがれて新兵が戦場に向かう。