私が知るネトゲ廃人達

Diabloの黎明期から今に至るまで濃密にネットゲームと付き合ってきた俺が知ってる廃人達

 

①効率厨タイプ(俺もこれ)

ゲーム内の効率を最適化する事がベストだと理解してる人達。攻略組。最強厨と揶揄されることもあるが、最強になりたいんじゃなくて効率の最適化をしたい。課金額は程々に抑える。そのゲームに対し最も費用対効果の高い課金額を見定める。攻略情報を共有し、先導するため、ギルドリーダーや要職につく事が多い。仲間には仲間として接し、敵には冷徹に接する。

 

②人たらしタイプ

効率を追求せず、モチベーション維持や、こまかいフォローでギルドを引っ張っていくタイプ。ある程度テクニック化しているロジカルタイプと、ただただノリでいく本能タイプと、尋常じゃない課金額による力こそパワーにより人を集める成金タイプがいる。先導するため、ギルドリーダーや要職につく事が多い。仲間には優しく、敵にはいかつい。

 

③働きアリタイプ

これといって特徴はないが、人並み以上にはゲームが得意で、コミュニケーションも人並みにこなし、まとまった時間が作れるタイプ。独身の他に趣味をもたない大学生とか社会人が多いイメージ。人手が足りなくて請われない限りは要職に自分からはつかない。①か②のギルドの構成員となる。その場の空気に従って仲間や敵に接する。課金額はその人次第で、尋常じゃない課金者もたまにいる。

 

④こだわりタイプ

ゲームは上手い。上手くないとポリシーなんて守れないからだ。なんらかのポリシーや目的を大事にしてゲームをプレイしている。そのポリシーは絶対に曲げない。ポリシーや目的に沿うならば、リーダーや要職につくこともある。こだわりのせいで、ゲーム内の強さは効率厨に劣る場合が多い。敵味方の判断もポリシーに沿う。ポリシー次第すぎるので、効率厨とはあまり分かり合えない事が多い。課金額はそれなり。

 

⑤変人タイプ

ゲームがかなり得意で、言動が変。ただ、変で気持ち悪いという程ではなく、理解できないがまぁ面白いやつだな程度の変さ。最近流行りの性の喜びを知りやがっておじさんとかはイメージに近い。けっして要職につくことはないが、抜きん出た働きを見せるので、リーダーからはこっそり頼りにされている。だってゲームうまいし。仲間にも敵にも態度を変えない。高校生~新卒社会人くらいであることが多く、課金額はそれなり。

 

⑥無口タイプ

ゲームは上手い。ほとんど喋らないので何考えてるのかわからない。当然要職にもつかない。でも任せた仕事はきっちりこなしてくれるのでリーダーからは信頼されている場合が多い。年齢も謎。課金額も自分からは言わないが、効率厨に近い振る舞いをする。