君の名はとぼくは麻里のなかと納豆

f:id:kuuhaku2:20161120152557j:plain

便乗商法にも程があるだろ笑った。キャベツ畑かコウノトリ信じてる人に企画モノAVぶつけるくらいの所業だと思うんだが。

 

最近は、君の名はと、シンゴジラとかこの世界の片隅にを分けて考えるようになった。

 

シンゴジラこの世界の片隅には名作映画だ。

 

君の名は、を俺は名作だとは思わない。君の名はは超絶大ヒットしている。超絶大ヒットしているという現象だ。映画自体がどうかとは別の軸で語るべき現象だ。

 

君の名はについて、日付に気づかないのはおかしいとか、電車でいきなり美少女に話しかけられ組紐を託されたことは忘れてるのにその組紐は何故か後生大事に身に着けているのはおかしいとか、彗星事件を忘れてるのはおかしいとか、そういうアラを探して突っつく行為だと揶揄されることは、ミノフスキー粒子なんてありえないからガンダムが面白くないと突っ込むことや、ゴジラなんて存在しないと言うことと同列なんだろうか。

 

あらを探すことイコール悪いことではない。ミノフスキー粒子が、MSで白兵戦をするための都合のいいSFであることも認める。宇宙戦争で斧で白兵戦するためのゼッフル粒子だってそうだ。だがそんなものに関係なく、ガンダムも、銀河英雄伝説も、たまらなく面白い。

 

君の名はは1回しか見てない、何度も繰り返し見たわけではないが、俺は面白いとは思えないことは確信した、何度見ても変わらない。

 

今は、君の名はは、一定数以上の愚民を扇動した場合の暴走実験だと思っている。数により過熱し数が多い故に違和感も周りの熱で忘れ、ただただ熱により突き動かされる集団心理の実験モデルじゃないかと。ツイッターを主とするSNSの口コミ現象に、一定以上の温度があつまると、火炎が渦を巻いて竜巻となり辺り一帯を無差別に焼き尽くす現象が発生したんじゃないか。

 

名作が口コミによってヒットする現象とはまた別の、ただただ周りの勢いに押し流されて熱狂する現象だと思う。口コミ現象ならこの世界の片隅にとかシンゴジラが限界だよ、シンゴジラは口コミ現象だけど、ゴジラという足かせが重い。

 

無色透明で現代を舞台にして普遍性があり、でもなんか感動したような気分になるPV(MV)、君の名は。これに熱狂している現象は、昔あった事例でたとえるなら、「バスに乗り遅れるな」のようなものだと傍目に感じる。

 

ネットという、ググれて、タイムラインがほっといても流れてきて全体感のある機械がある時代には、自分で考え選択するということが難しい。純粋な愚民と違い中途半端に賢しいから染めにくいけど、一度火がついたら爆発する速度や範囲は昔の比ではない。

 

君の名はが名作かどうかは後世の映画評論家がきっと結論を出す。シンゴジラも、この世界の片隅にも。10年もたてば十分だろう。

 

納豆ダイエットあるある大辞典が取り上げて全国のスーパーから納豆が消えた時に、このヒットの要因は納豆は栄養価が凄いからだとか、いやでも好きな人は好きだけど俺はこの味嫌いだな嫌いな人多いよ流行るわけがないとか論じるのはアホだろ?

 

あるある大辞典に踊らされる愚民だとネットでみんな笑ったはずだ。

 

全国のスーパーで簡単に手に入るものであればなんでも熱狂し得るのは、そのあとバナナかなんかも消えた時にわかったことだ。

 

俺は感動させようとするのが鼻についてつまらんかったが、その嫌らしさがわからんやつらは、つまり大した文化には触れたこともない、まさにあわとかひえとかケータイ小説とかリアル鬼ごっこしか知らんやつは、物凄く感動したのかもしらん。

 

でも誰だってそうだ。俺が、はじめてコーヒーがうまいと思ったのはドトールのコーヒーだ。缶コーヒーしか知らなかったところに、値段もお手頃で喫茶店というものに入ってみた中学生の俺が、はじめて美味しいと思ったのはドトールのコーヒーだ。はまってドトールを見かけるたびに飲んでいた。別にそんなもんだ。

 

寿司だってそうだ、回転寿司で寿司を知った、立ち食い寿司で握りたての寿司を知った、今は行きつけの寿司屋がある。でも回転寿司が美味しい頃もあった。

 

だから、君の名は大ヒットという現象で、映画っていいなアニメって素晴らしいなって思った人がいて、その人が将来映画通になり、シンゴジラこの世界の片隅にに感動すればそれでいいと思う。別にアマデウスとかゴッドファーザーとかでもいいよ。

 

自分が面白いと思ってるものをけなされると人は無条件に切れるから、シンゴジラをあわとかひえとか言われるとブチ殺すぞってなるけど、君の名はこそあわとかひえしか食ってないやつが喜ぶものだ。俺はそう思う。映画が名作かどうかなんて自分の感性を信じろ。自分で考えろ。周りに流されるな。