読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先週観たもの

 

 哲学漫画かと思いきやうああ哲学辞典みたいになるのかと思いきや、ただ作者が思索して、ブスはヒロインたりうるのか?とか漫画っぽい問題を投げかけてふいに終わった。煙のような漫画だった

70点

 

 

 ちばてつやのアシスタント時代に習ったことを漫画家。立派な心がけが沢山でてきますけど、じゃあ、Dreamsの最終回はなんだったんでしょうねえ・・・?しかも、あしたのジョーにあこがれて入った話だから、あしたのジョー描いてる話は出てこないっていうね・・・

66点

外道の歌(3) (ヤングキングコミックス)

外道の歌(3) (ヤングキングコミックス)

 

もう足コキできないねぇ・・・いつも通り。殺戮編集者どこいった?

72点

 バルバロッサ、完璧にアラジンに対するシンドバッドやんけ・・・歴史は韻を踏む(繰り返す)ってやつか。

78点

愛気―S(7) (ヤングキングコミックス)
 

 敵(アメリカ?)がどんどん強化されていくけど味方側は大した変化なし、超バトルもなしでつまらん巻だった。

77点

 色んな人に接触してる柔道娘が主人公なんだろうとは思うんだけど、どうしてもピーブの人が主人公に思えてしょうがない。そして中田くんが悪意なくいじめ抜かれる巻なので読んでてとてもつらい。

82点

 響、ライトノベル編。ライトノベル作者があまりにも気持ち悪く軽薄に描かれてたことと、印税の扱いがぶん投げすぎ、ジャンケン小僧の時の岸辺露伴みたいなことやりはじめたけどそこまで頭のネジ飛んでたの?

高校2年で芥川直木賞をデビュー作で制覇した上で、友達のために戯れに書いたライトノベルライトノベルで1位(多分)とるとかwwwwって感じでライトノベル級なんだが、藤井四段をみてるとだいたいの厨二設定は霞む。

81点

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

 

妙に評価高くて、SFっぽいから買ってみたけどダメダメダメダメ、俺あわないこれ、読んでて、ぎいいいいいいいい!!!ってなる、主人公も相手も全くついていけない。俺この人物設定大嫌い

30点

付喪神を操って?戦うつぐもも達の話。アニメ化でエロシーンどうすんのみたいな話があったので見てみたが、ToLoveる幽遊白書を足して割ったような感じだった。霊界探偵みたいに戦っては風呂でToLoveるし、S級妖怪みたいなのと戦っては風呂でToLoveるし、武道会みたいなのが始まったと思ったら添い寝でToLoveる。最新刊は固有能力とか能力者バトル色を帯びてきたからHUNTERぽくもなってきたか。カラー版が欲しいとこだ。

80点

 

鉄腕アトム 別巻 1

鉄腕アトム 別巻 1

 

 アトムの最終回が凄いと聞いて。すごかった。SFか手塚治虫のどちらかが好きなら、これを読まないなんてありえないレベルですごかった。読んでませんでしたごめんなさい。別巻とかあったのしらんかったもん!

アトムの最後だけで95点