空白雑記

twitter @hima_kuuhaku

一番好きな映画と人間の能力と本質と

一番好きな映画は何か

 

って質問、まあ今の俺ならレディプレイヤー1だけど、人によってはそれはどの映画でもいいと思うんですよ。B級のメカジョーズvsキングゴリラとかでも良い。

 

ただ、何故それがベストなのかという説明によって、そいつの格が決まる。少なくとも俺の中では。

 

素晴らしい映画を挙げても何もわかってない奴は節穴だし、クソ映画でもその人ならではの説明ができるなら少なくとも節穴ではない。

 

一番うまかった飯に置き換えたらわかりやすい。一杯のかけ蕎麦でもいいし、一番お気に入りの店でもいい。でも、先週食ったマクドナルドのセット、理由はマクドナルドが好きだからとか言ったら、あるいは、自分も美味しいと思ってる寿司屋だとしても、美味しかったと思うけど炙りサーモンがないから不満とか言ってたら、なんだこの貧乏舌は、こいつとは飯の話はよそうとおもうだろ。

 

武装勢力に拘束されて2年ぶりに食った文明の味がマクドナルドだったというならわかるけども。

 

それとは別に、人間の脳の能力の限界は、想像以上に低いという話があって。それは、自分自身を顧みても、そのとおりだなと思うところがある。だからこそ、本質という単語があり、人間の能力の限界内で理解することを本質を知ると言うのだろう。

 

重ねて言うなら、自分は常人の何倍も情報を詰め込んでいるとは思うが、そんなものはザルに水を流すがごとく殆どは消失している。

 

ただ、そのザルに残った何か、本質が結晶化した何かは自分の中に根付いてるのを感じるし、これこそが個性であり己の武器だと思う。

 

これが情報を消化するということだ。

 

常人離れした量の漫画や映画やゲームのを体験してきたが、記憶に残ってるものは多分常人より少し多い程度だ。むしろ、記憶力がいい常人に普通に負けるくらいだと思う。ただ、そこで研ぎ澄まされた、結晶化した本質は誰にも負けない、負けたくない。それはセンスとか、直感とか、そう呼ばれるものだ。

 

 

ちなみに

俺が一番好きな映画はレディプレイヤー1で

俺が一番好きな怪獣映画はシン・ゴジラ

俺が一番好きなアニメ映画は機動戦士ガンダム

俺が一番好きなSF映画スターシップ・トゥルーパーズ

俺が一番好きな娯楽映画はターミネーター2

俺が一番好きなカンフー映画酔拳2

俺が一番好きなジブリ映画はラピュタ

俺が一番好きなアカデミー作品賞はアマデウス

俺が一番好きなロバート・ロドリゲス映画はデスペラード

俺が一番好きなクエンティン・タランティーノ映画はパルプフィクション

俺が一番好きなキューブリック映画は博士の異常な愛情

俺が一番好きなナタリー・ポートマン映画はレオン